FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え症1回目(ラジオ小松11月放送分)

H27年10月26日ラジオ小松スタジオで収録
内容
冬になると、冷え症で困る方が多く見られます。男性と女性を比べると圧倒的に女性が多い症状に当たります。これは、女性は、毎月、月経を排出し、血が不足しやすい為と言われています。
漢方での血は、身体を滋養する赤い液体を示します。これが不足すると、顔色につやがない、皮膚や髪に艶がないと言う症状が現れます。また、血が不足すると、末梢の方にも栄養物質が届かず寒い所にいると、すぐに冷えが身体に入りこみます。特に、冷えは、足元から多く受けやすく、日頃から足元を暖かくする事が、冷えの予防には、大事な事です。しかし、最近のファッションは、短いスカートやたんぱんなど、下半身を冷やしてしまう人が多いようです。
女性の大事な臓器である子宮や卵巣のある下腹部まで、冷やす結果、これが、生理不順・子宮内膜症強いては、不妊につながります。ですから、冷えは万病のもとと言われる理由です。
冷え性にも、多きくわけて、寒い季節だけ困る軽い冷えと、1年中冷えで困る通年性の強い冷えに分けられます。
今回は、冬場に多い冷えについてお話いたします。
女性で、1番多いタイプ
1. 血虚生湿・・・血の不足と、余計な湿気を抱えたタイプです。
血が不足すると、筋肉にも栄養が届かず、肩こりや手足が強張ったりします、特に、日本は高温多湿に加え、食事の不摂生によって、余分な湿気が抱えます。水は下へ下へと言う性質がある為、下肢がむくんだりしてきます。水があっても温める事が出来ないので、寒くなると、足が冷えて辛いと言う症状に、女性では、血が不足するので生理に周期も遅くなり、量も少なくなってきます。
漢方薬血を補い、身体の余計な水分を排出し、冷えを改善する当帰芍薬散に四物湯を加えて対処します。
血虚の人が注意する事
目の使い過ぎや、過労は、血を不足させるので注意して下さい。
食べ物では、激辛の食べ物は、血を乾かすのでほどほどに。
血を補うものとして、レバー・ホウレンソウ・くるみ・はちみつがお勧め。
薬草では、クコの実がお勧めです。
2.気滞   ストレスタイプ
ストレスや緊張から、血行が悪くなり、手足の先から冷えてくるタイプです。
症状
 イライラや憂うつ感があって、胸や脇が張って苦しい。げっぷが出たり、胸がつかえたりと言う症状に、手足の先から冷える症状が伴います。
漢方薬
気の流れをスムースにして、自律神経を調節し、冷えを改善する逍遥散を用います。
気滞が続いたりすると、血行が悪くなり、血も滞り、手足の冷えが発生します。
気滞の人にお薦めアイテム
気を巡らすハーブ(ラベンダーなど)を上手に使いましょう。
薬草では、シソの葉っぱを煎じてお茶代わり飲んで下さい。最高は、茎の部分です。
● 運動で体を温め、筋力もアップさせる
体を動かさないでいると、熱の産生源でもある筋肉を衰えさせ、ますます冷えやすい体になってしまいます。冷え性を治すためにも、血のめぐりをよくするためにも、適度な運動は必要です。
長続きさせるために、自分が楽しめるようなスポーツを選びましょう。
ただし、水泳や水中運動は避けて。水温がそれほど低くなくても、水には体の熱を奪う性質があるからです。
気分転換をはかるため、温泉めぐりもお勧めです。
11月22日002
15分間楽しい番組になっています。聞いて下さい!
終わりに、私の作曲した曲がかかります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。