スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中気不足による上腕部の痛み・虚労病について

上腕部の痛み
中気が不足し、内寒が停滞。(陽虚陰盛)
中焦の陰陽が不足し内寒が発生。
体質(症状)
身体が白い・元気がない・食欲がない・曇りの時に痛みが出やすい
治法・温中行気
処方・小建中湯加附子・肉桂(火神派の小建中湯とは、
この処方で書かれている)
虚労病について
(体力が衰え、疲労しやすい状態を指す。)
鄭欽安先生の虚労病の処方としては、
桂枝加竜骨牡蛎湯
小建中湯加附子
黄耆建中湯加附子
  が挙げられます。
これらの処方は、慢性病つまり気血不足で、
陰陽が調和しないと、虚陽上浮となります。
この時、上に上がっている陽を上下交通させる事によって
下に下げる方法を取ります。この方法を、陰平陽秘と言います。
この時、潜陽類を使って、下に下げる。

現代病では、血圧の高い人は、上に上がった虚陽を下げ、
血圧を安定させる、陰平陽秘の方法を取りよくなる方も見えます。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。