FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性病・虚労病の代表処方

それに当たる処方が、小建中湯です。
小建中湯は、冷える症状にも使え・・・・陽虚の症状
     手足がほてる人にも使う・・・陰虚の症状
陰虚・陽虚両方に対処でき中焦を整える働き。
小建中湯加附子を使う。

黄耆建中湯は、その状態にプラス体表部の虚を補う事が出来る。(汗かき)
膠飴(麦芽糖の飴)は裏の虚を補い
黄耆は体表部の、虚を補う。

韓国では、虚労病の代表的な処方として、鹿茸大補湯があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。